無題ドキュメソト Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/16、ジオ負傷→緊急リリーフ今村、プロ初勝利!廣瀬絶好調! (広島4-2巨人)

<<   作成日時 : 2011/04/16 21:37   >>

トラックバック 3 / コメント 0




4月16日(土) マツダスタジアム 2回戦 広島1勝0敗1分

123456789RHE
巨人2000000002101
広島22000000X460

勝:今村 1勝0敗0S S:サファテ 0勝0敗2S 負:グライシンガー 0勝1敗0S
ホームラン:
[G]ラミレス 3号(2)
[C]

バッテリー:
[G]グライシンガー、西村、アルバラデホ、金刃 − 鶴岡、加藤
[C]ジオ、今村、青木、サファテ − 石原


先発のジオは初回に2点を失ったものの、その後は安定したピッチング。
しかし、4回表の途中で足に打球を受け負傷降板。
それを受けて急遽登板した今村が、打たれながらも守りにも助けられ
終わってみれば3回1/3を無失点でプロ初勝利。

一方の打線は梵と廣瀬が2安打、トレーシーと石原が1安打の合計6安打。
これらはいずれも2回で降板した先発のグライシンガーから打ったもので
交代後は無安打と、打線は完全に沈黙。

中軸では廣瀬の孤軍奮闘が続き、打率.412、得点圏打率は脅威の10割。
方や、4番トレーシー、5番栗原は相変わらずの凡打オンパレード。
誰が4番にピッタリで、誰が控えにピッタリなのかは一目瞭然なのですが・・・

そんな中、セットアッパーとして絶好調なのが青木高広。
今日を含め4試合で3回2/3を投げ、被安打1、無失点という安定感抜群の成績。
キャンプでの野茂臨時コーチの指導が活かされたおかげかどうかはわかりませんが
ここまで安定していると、先発よりもリリーフのほうが適任かもしれません。


近年のカープに見られたように、貧打線が投手陣に頼って勝ちを重ねられても
連戦連投が続くとそのうち故障者が出て負け試合が増えるのは当然。
先発が楽に投げられ、リリーフが連投しなくても済む点差をつけられるよう
そろそろ打線にも奮起してほしいものです。


MyHomepage
無題ドキュメソト
(PC専用&要JavaScript On)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
≪C4−2G≫緊急登板の今村がプロ初勝利。
2011/04/16 広島4-2 巨人 マツダ 5戦目2勝2敗1引分 巨 人 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 広 島 2 2 0 0 0 0 0 0 X 4 【巨人】●グライシンガー(0勝1敗)西村アルバラデホ金刃 【広島】ジオ○今村(1勝0敗)青木Sサファテ(2セーブ) ...続きを見る
○0。打球の行方。0○
2011/04/17 00:07
新たなる神の子降臨,その名は今村猛。
初回に長打で点を取られたものの,追いつき追い越してからは安定したピッチングを続けていたアルバラードにアクシデントが起こり,降板したときは,この試合は荒れるんじゃないか,... ...続きを見る
ろー・ふぁーむ・かるぴおbyprideg...
2011/04/17 08:17
中村の2発に轟沈! 摂津、プロ初先発で8失点KO!
◆H4−9L◆ 中継ぎから配置転換となった摂津がプロ初先発。オープン戦では快投の連続で大いに期待がかかったが、初回からいきなり3連打の後、中村に被弾とあっと言う間の4 ... ...続きを見る
ANQ Ritzberry Fields
2011/04/17 18:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4/16、ジオ負傷→緊急リリーフ今村、プロ初勝利!廣瀬絶好調! (広島4-2巨人) 無題ドキュメソト Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる