無題ドキュメソト Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/20、第2回、ルールを知らない野村謙二郎監督の迷采配 (オリックス3-2広島)

<<   作成日時 : 2011/05/20 21:57   >>

トラックバック 0 / コメント 1




5月20日(金) 京セラドーム大阪 1回戦 オリックス1勝0敗0分

123456789RHE
広島000001010290
オリックス00000030X370

勝:木佐貫 1勝3敗0S S:岸田 0勝1敗8S 負:上野 0勝1敗0S
ホームラン:
[C]
[Bs]

バッテリー:
[C]バリントン、上野、青木、永川勝 − 石原
[Bs]木佐貫、平野、岸田 − 伊藤、鈴木



広島東洋カープ監督 野村謙二郎



監督です。
チームを仕切る人です。
勝利のために采配を最終決定する人です。

それが・・・


DHの認識不足


という、少年野球の監督もビックリするようなことをやらかしました。


試合開始前、両軍の監督が出場メンバーリストを交換する当たり前の光景。
すんなり終わるかと思いきや、オリックスの岡田監督が一言。

「DHは代打出されへんねんで。絶対1打席立たなあかんねんで」
(デイリースポーツの記事より)


野球規則6.10b(抜粋)
試合開始前に交換された打順表に記載された指名打者は、相手チームの先発投手に対して、少なくとも一度は打撃を完了しなければ交代できない。ただし、その先発投手が交代したときは、その必要はない。


上記のとおり、DHで起用されたバッターはメンバーリスト交換後、必ず一打席立つか
その時の投手(今日はバリントン)を交代させなければなりません。
そして、野村監督が提出したスタメンは・・・

1 ショート 梵
2 セカンド 東出
3 ライト 廣瀬
4 サード トレーシー
5 ファースト 栗原
6 センター 丸
7 DH 今村
8 キャッチャー 石原
9 レフト 天谷


毎度お馴染み左右病からの偵察メンバー・・・いや
DHだと必ず一度は打席に立たなければならないので偵察すらできていません(苦笑)
監督自身がDHのルールを知らないどころかコーチ陣も全く指摘しなかったようです。

結局、今村は送りバントを成功させ、もちろん1打席のみで石井琢朗に交代。
登板予定の無い実質オフの一日を、監督が強制起用した形になりました。
しかも投手ではなく打者として。


ところでこの監督、実は昨年もやらかしています。

9/11、ルールを知らない野村謙二郎監督の迷采配 (巨人11-6広島)
http://kubojun.at.webry.info/201009/article_10.html



今日は敗北以上にがっかりな試合でした。
本当に監督やコーチの人選って重要ですね。


MyHomepage
無題ドキュメソト
(PC専用&要JavaScript On)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
DHに投手は阪急ブレーブスも昔同じことやってましたね。
B
2011/05/21 14:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/20、第2回、ルールを知らない野村謙二郎監督の迷采配 (オリックス3-2広島) 無題ドキュメソト Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる