無題ドキュメソト Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/31、カープ35イニング連続無得点で5連敗。拙攻と不可解な采配 (楽天1-0広島)

<<   作成日時 : 2011/05/31 21:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0




5月31日(火) 日本製紙クリネックススタジアム宮城 1回戦 楽天1勝0敗0分

123456789RHE
広島000000000031
楽天00000100X130

勝:永井 3勝1敗0S S:スパイアー 1勝1敗5S 負:福井 2勝1敗0S
ホームラン:
[C]
[E]松井稼 3号(1)

バッテリー:
[C]福井、上野 − 石原
[E]永井、片山、スパイアー − 嶋


タイトルのとおりです。
ここまで酷いと、もう何と言っていいのやら。


4回表、ノーアウトから東出がヒットで出塁し、打席には丸。
そこで野村監督が指示したのは、なぜか送りバントではなくヒッティング
その結果、丸はセンターフライで1アウト1塁。
さらにトレーシーもライトフライで2アウト1塁。
続く栗原は四球で2アウト1、2塁になるも、次の岩本が空振り三振。

3回表終了時点で29イニング連続無得点という状態にもかかわらず
貴重なチャンスメイクを蹴って打ちに行かせるという無謀とも言える采配でした。

方や8回表、4回表と同じように松山のヒットでノーアウト1塁という場面となり
そこでは代走の中東を梵にきっちり送らせて1アウト2塁とチャンスメイク。
結果は無得点でしたが、2アウトながら中東は3塁まで進んでいました。


今日の試合でカープが点を取れる場面はこの2つくらいでしたが
同じような状況にもなぜこうも采配が異なるのかがサッパリわかりません。

なぜ、まず1点を取りに行く野球ができないのでしょうか?
なぜ、ファンが納得できるような試合運びができないのでしょうか?
なぜ、登録メンバーが変わっても、いつまでも同じ采配にこだわるのでしょうか?



もちろん連日ゼロ行進では勝てるワケもなく、気がつけばチームは借金1に。
昨年まで見慣れていたいつものカープが戻ってきました。


MyHomepage
無題ドキュメソト
(PC専用&要JavaScript On)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/31、カープ35イニング連続無得点で5連敗。拙攻と不可解な采配 (楽天1-0広島) 無題ドキュメソト Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる