無題ドキュメソト Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 8/14、バリントンが突如崩れて逆転負け。栗原はチャンスで凡退続き (巨人6-2広島)

<<   作成日時 : 2011/08/14 17:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0




8月14日(日) 東京ドーム 15回戦 巨人10勝4敗1分

123456789RHE
広島0001100002100
巨人00003300X690

勝:西村 5勝0敗0S 負:バリントン 11勝6敗0S
ホームラン:
[C]天谷 1号(1)、石原 2号(1)
[G]阿部 13号(3)

バッテリー:
[C]バリントン、青木、梅津、大島 − 石原、中東
[G]西村、高木、ロメロ、アルバラデホ、久保 − 阿部


右投げの西村に対して左打者をズラリと並べた野村監督の采配的中も5回まででした。

それまで無安打ピッチングだったバリントンが突如崩れて阿部からスリーランを被弾。
続く6回裏にも2本のヒットを打たれたところでバリントンは5回0/3で降板。
そしてリリーフした青木がタイムリーを許してしまいさらに3失点。

カープ打線は天谷と石原のソロホームランで先行したものの
二度の満塁のチャンスで打席が回ってきた栗原が打てず、僅か2得点。


打力の差は歴然でした。


MyHomepage
無題ドキュメソト
(PC専用&要JavaScript On)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8/14、バリントンが突如崩れて逆転負け。栗原はチャンスで凡退続き (巨人6-2広島) 無題ドキュメソト Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる