無題ドキュメソト Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/13、カープ、土壇場で追いつき引き分け (ロッテ3-3広島)

<<   作成日時 : 2012/06/13 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0




6月13日(水) QVCマリンフィールド 3回戦 ロッテ1勝0敗2分

12345678910RHE
広島00000002103111
ロッテ0003000000370
制限時間規定により引き分け
ホームラン:
[C]
[M]

バッテリー:
[C]野村、今井、菊地原、中田、岸本、今村、ミコライオ − 石原、倉
[M]グライシンガー、益田、薮田、内 − 里崎


先発の野村は3回までの無安打ピッチングが一転、4回裏に5本のヒットを浴びて3失点。
結局4回を投げきったところで降板し、その後はリリーフ陣がゼロで抑えました。
(背中の張りがあったとのこと)

一方の打線は、グライシンガーの前に7回まで散発3安打に抑えられたものの
8回表、1アウトから2連打でグライシンガーが降板すると、1アウト満塁とチャンスが拡大し
代打前田の犠牲フライと梵のタイムリーで2得点!

さらに9回表には1アウトから石井がヒットで出塁すると、堂林がセンターオーバーのツーベース!
ここで代走の中東が激走する中、緒方コーチがサードで止めなかったため本塁で憤死・・・
それでも丸が四球を選ぶと、代打小窪がタイムリーを放って同点!!

ロッテのクローザー藪田から貴重な1点を奪うことに成功・・・したのも束の間の10回表。
途中出場の倉がヒットで出塁すると、梵が送りバント失敗。
次の岩本がヒットを放つものの後が続かず無得点。

そして10回裏、この回2イニング目の今村が先頭打者から三振でアウトを奪った後
ライトへのイージーフライを丸がまさかの落球・・・

「凡ミスからあわやサヨナラ負けも・・・」

という悪いイメージが頭をよぎりましたが、今村は次の打者からも三振を奪い
試合開始から3時間半が過ぎた2アウトからはミコライオがマウンドへ上がり、三球三振。


今日はあと一歩で勝てなかったのか、はたまた辛うじて負けなかったのか
どちらとも言い難い試合でした。
特に、先述した9回表の

「1点を大事に取りに行くか、それとも積極的に1点を取りに行くか」

あの場面で緒方コーチは後者を選んだのだと思いますが
お世辞にもチーム打力が良いとは言えない今、ひとつでも多く勝つためには
どのような状況であれ、1点を大事に取りに行くことが重要だと思います。


ところで、先日のニックの故障ですが、どうやら長期離脱が濃厚とのこと。
度重なる主力の離脱に、フロントは新外国人の補強を検討しているようですが
同様の状況で過去の補強が消極的だっただけに、過度な期待は禁物です。


(余談)
今日の試合はTwellVで中継があったのですが
中田廉がマウンドに上がる時、実況の山下末則アナの口から

「なかたこう
(正しくは 「なかたれん」)

毎年TwellVの中継では、何かと中途半端な作りであることを感じます。


MyHomepage
無題ドキュメソト
(要JavaScript On)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6/13、カープ、土壇場で追いつき引き分け (ロッテ3-3広島) 無題ドキュメソト Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる