6/1、大竹今季初登板は勝ち星つかずも7回3失点。チームは逆転逃げ切り (日本ハム4-5広島)




6月1日(火) 札幌ドーム 3回戦 日本ハム1勝2敗0分

123456789RHE
広島000300011591
日本ハム3000000104111

勝:岸本 1勝1敗0S S:横山 1勝0敗3S 負:宮西 1勝1敗1S
ホームラン:
[C]
[F]陽 1号(1)

バッテリー:
[C]大竹、岸本、横山 - 石原
[F]ケッペル、林、武田久、宮西、ウルフ - 鶴岡


まずひとこと。


「勝ててよかった」


開幕前の故障で出遅れ、今季一軍初登板の大竹は初回から3点を失うものの
その後は得点を許さず、終わってみれば7回を投げて被安打9、3失点と上々の結果。

やっと頼れる先発投手が戻ってきました。

チームは8回表にフィオのタイムリーで1点を勝ち越し。
直前に降板した大竹に勝利投手の権利が転がり込んできた・・・と思いきや
リリーフした岸本がホームランを打たれ同点になり、今季初勝利はお預けに。

しかし、9回表に梵のタイムリーツーベースで再度1点を勝ち越すと
9回裏はNG・・・ではなく横山がマウンドに。

順調に2アウトまでとったものの、あと一人という場面で森本に痛恨のスリーベース。
一打同点orサヨナラという場面でしたが、なんとか踏ん張りゲームセット。


これが永川なら延長突入で、これを書いている今も試合続行中だったかもしれません。
今日はチームの勝利を優先する采配の大切さを実感しました。
(たしかお気に入り選手を使い続けた挙げ句勝てずにポイした監督が東北のほうにいたようないないような・・・)


それにしてもルール上仕方ないけど、岸本が勝ち投手なのは納得できません。



MyHomepage
無題ドキュメソト
(PC専用&要JavaScript On)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 終わりよければすべてよし。勝てばいいんだ。

    Excerpt: 今日の広島市内は,17:30ころから俄にかき曇り,やがて雷を伴ったゲリラ豪雨に見舞われた。その時間帯バスに乗っていた私は,傘も何も持っていなかったので妻に車でバス停近くまで迎... Weblog: ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen racked: 2010-06-02 20:39